大腸がんの早期発見のために内視鏡検査を受けよう

大腸ガンは近年確実に増加してきています。完治させるためにはできるだけ早期の発見が望まれています。早期発見のために内視鏡検査を行うべきです。負担が少ないバリウム検査で良いのではないかという意見もあるようですが、早期に発見することを考えたらバリウムでは十分でないです。大腸ガンは平坦なものも多く見られています。この平坦なタイプはバリウムでは見つけることができないために内視鏡検査を利用したほうが確実と言うことができます。自分のために検査をするので、せっかくなら確実性の高い方を選ぶべきです。また、内視鏡検査は苦しいイメージを抱いている方が少なくないです。ただ、それは過去の話になります。最近は検査の方法が変わったので苦しい感じを受けることなく終えることができます。経験を積んだ専門医が行うという前提はありますが、改善は間違いなくされています。

大腸内視鏡検査とはどのようなものか

健康診断などの便潜血検査で、陽性となり異常が見られたことはありませんか。その理由として、痔で出血することのほかに、大腸がんなどの病気である可能性があります。原因が何なのかを突き止めるためにも、速やかに大腸の内視鏡検査をすることがお勧めです。大腸内視鏡検査は医師の技術が未熟だと苦痛や危険を伴うことがありますので、評判の良い病院を探すことも重要です。検査の方法は肛門から先端にカメラのついた細いチューブである内視鏡を入れて、大腸内を直接観察します。大腸内の様子がモニタ画面に映し出されるので、自分で確認することもできます。この検査を受けるときには下剤で大腸内をきれいにする必要があります。そのため前日の夕飯はうどんやおかゆなど消化のよいものをたべ、8時以降の食事は避けます。就寝前に下剤を飲み、当日も腸管洗浄液を飲み、腸管の洗浄を行います。

大腸の内視鏡検査やりました

健康診断の結果で、潜血便が陽性で出てきてしまったことがあるんです。きっとお尻が切れたんだと思ったのですが、でも「万が一」の事があったら嫌だなと思って、病院へ行く事にしたんです。先生も、若いから癌ということは考えにくいけれど、やはり「万が一」ということもありますから、大腸内を内視鏡で検査してみましょうということになりました。内視鏡って結局はカメラですよね。ちょっとドキドキしましたが、検査は即日ではなく、一週間後くらいでした。朝から下剤を飲んで、おなかの中をからっぽにするんです。その下剤を飲むのが辛いという人が多いようですが、比較的、無理なく飲む事ができました。検査は看護師さんもベテランの方で、こうしたらいいとか、ああしたら楽だとか色々アドバイスしてくれました。無麻酔の検査だったのっですが、痛みも少し感じたくらいで終了することができました。結果、問題もなくてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です