イボ痔の種類と痛みと出血

痔の種類で有名なのはイボ痔です。
これは名前の通りに肛門にイボができてしまう痔の症状で、実は自身がイボ痔であることに気付いていない方が意外と多いのです。
イボ痔は痔核と呼ばれる痔の一種で、痔核には外痔核と内痔核の2種類があります。
そもそも肛門は正確には肛門管と呼ばれる部分のことで、肛門管は歯状線と呼ばれる粘膜によって直腸と分けられています。
この歯状線より上の部分に出来るのが内痔核で、下の部分に出来るのが外痔核です。
外痔核は歯状線の下の皮膚にある静脈が鬱血することでイボ状に腫れてしまい、痛みを伴います。
しかし歯状線の上に出来る内痔核にはほとんど痛みがありません。歯状線より上は粘膜で出来ており、知覚神経が通っていない為です。
痛みを感じないせいで内痔核があることに気付いていない隠れ痔患者は相当数いると考えられています。
内痔核の場合は痛みを感じませんが、排便時に出血を伴う場合があります。
患者自身は痛みがない為痔核の存在に気付かないことが多いので、理由の分からない出血に不安を感じることでしょう。
肛門からの出血というと大腸がんを思い浮かべる方も多いでしょうから、なおさらです。
一般的に内痔核による出血は鮮やかな血の色をしていると言われます。
内痔核は肛門に近い部分の粘膜に走る静脈が血行不良によって腫れ、排便時の負荷によって出血を起こします。
肛門から近い部分の静脈なので血の色が鮮やかなのが特徴で、時に大量の出血を起こす場合もあります。しかし痛みを感じない場合がほとんどです。
同じく大腸がんなどでも痛みを伴わない出血を起こすことがありますが、こちらは黒っぽい色の血であることが多いようです。
とはいえ出血の色だけで痔かその他の病気かを判断するのは危険ですので、気になる出血があった場合には早急に専門の医療機関を受診しましょう。
内痔核が進行してくると、本来は肛門内部に収まっているはずの痔核が排便時に肛門外部に飛び出してくることがあります。
初期であればあまり痛みを伴わず、排便後に自然に内部に戻っていきますが、酷くなると痛みを伴って歩くことすら困難になる場合もありますので注意が必要です。
もしも肛門にイボ状のふくらみがあったら、まずは痛みを確認してみてください。
痛みをほとんど感じないようであれば内痔核の突出である可能性が高く、強い痛みを感じるのであれば外痔核であると考えられます。
もちろんひどくなった内痔核でも痛みを感じることがありますので、肛門にイボができたらまずは医療機関を受診してどちらの痔核なのかの診断を受けると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です